日経新聞の記事、2017年2月27日13面(右図参照方)、光合成の最初の反応、水分解の仕組みが判明。
水分子に太陽光(遠赤外線)を当てると分解することが判明しました。
これまで当然の事実として考えられてたものが、実験で事実として判明したわけです。
太陽光の遠赤外線とほぼ同等の波長を有する人工の電子材(特許原料使用)から放射された遠赤外線は、水分子(H2O)を、水素プラスイオン(H+)と、水酸化イオン(OH-)を分解させます。同時に、水分子を結合させていた水素結合の力も弱める働きをします。
​これらにより、4個の水分子のクラスターのものが、水素イオン、水酸化イオンを含み、クラスターサイズダウンの、まろやかな、美味しい水に生成されます。
上図は水分子(H2O)で、2つの目のようなものが、水素イオン(H+)(わずかにプラスの電気を帯びている)、顔のようなものが、酸素原子(O-)(わずかにマイナスの電気を帯びている)で、遠赤外線を当てれば、1個の水素イオン(H+)と水酸化イオン(OH-)(残りは酸素と結合)に分解されるわけです。
そして、水分子の水素により水素結合してた4個のクラスターが、水素がイオンになり、引き合う力が弱くなり、クラスターサイズダウンを引き起こすわけです。
​この現象は、水を熱して水蒸気になる状態と同じようなことなのです。
水素水の生成について